プロポリスの選び方 ~効果から副作用まで教えます!~

プロポリスの効果・効能や副作用について解説しています。

メインイメージ
画像

プロポリスの副作用とは


プロポリスとは蜜蜂が巣を作る時に唾液と樹液を混ぜて作りだす物質です。
元々は蜜蜂たちの巣を作るための接着剤のような役割をもつものですが、全面にプロポリスを塗り固めると、巣を殺菌消毒する役割を持っています。
人工的に作り出すことが難しいために生産量が少ないのですが、健康に良く殺菌効果を持つことから、研究が進められて注目を集めています。
プロポリスは蜂蜜が唾液と植物や樹液で作る天然成分ですので、副作用というものはあまりありません。

しかし蜂蜜やローヤルゼリーなどの蜂蜜に対してのアレルギーがある人は副作用がないとはいえませんので、やめるか医師に相談することをお勧めいたします。
それに蜂蜜関係のアレルギーがなくても植物や樹液が原料となっていますので、
花や樹に関係のあるアレルギーをもっている人も注意をして産地などの確認をした方がいいでしょう。
服用した時に起こるのは、下痢や肝臓の機能低下です。

また外用として肌に塗った時などは、かぶれや湿疹といった症状も表れることがあります。そんな症状が表れたら肌に合っていないのですぐに使用をやめましょう。
健康のためのつもりで体を害している場合も否定できません。
こればかりは体質という生まれながらの問題がありますので、仕方ありません。自分にあった健康食品を見つけましょう。
また妊娠中や母乳を与えている母親もやめておいた方がいいでしょう。
なぜなら赤ちゃんにとって蜂蜜が危険なものである以上、関係のあるプロポリスも無害とはいえません。赤ちゃんのために一時的にやめておきましょう。
決定的な副作用はありませんが、粗悪品によって健康を害したという事例は報告されています。
もともとが希少なために少し高級品扱いもされているほどで、品質も等級によって別れています。

現在ブラジル産のプロポリスが世界最高級品に君臨しており、またその中でも6つの等級に分かれています。
ちなみに最高なのはミナスジェライス州産のアレクリンという植物との混合の「グリーン・プロポリス」といわれています。

Main Menu

商品のレビューと解説

おすすめアイテム一覧

その他のコンテンツ