プロポリスの選び方 ~効果から副作用まで教えます!~

プロポリスの効果・効能や副作用について解説しています。

メインイメージ
画像

青汁とプロポリス 効果の違い


一般的な青汁は、ケールを主成分として作られています。
勿論最近では、様々な青汁があります。
青汁の定義が「野菜を丸ごと絞った栄養素」である以上、野菜の精製方法さえ間違えていなければ「青汁」とされます。
青汁は、野菜の成分を余すことなく絞った飲み物のことなのです。

青汁の効果は、大きく分けると3つになります。
まずは「野菜不足の解消」「それに伴っての便通改善」「野菜による美肌効果」です。
野菜不足の解消は、言葉のままです。
成人は一日に約350gの野菜を摂る必要があるとされていますが、そんなにも食べることはほぼ不可能といってもいいでしょう。
そこでそれだけの栄養素が入った青汁で、不足の分も補うのです。
その中には食物繊維も入っていますので、腸の活動を促し、便として排泄物を出してしまいます。
そして空いた腸から、ビタミンやミネラルが吸収されて美肌効果が起こります。
どれも野菜不足によって起こることを、青汁で補っているといってもいいでしょう。

プロポリスは、蜜蜂によって作られます。
蜜蜂が植物や樹液と自らの唾液とを混ぜ合わせたものを作り、それを巣に塗って外敵や細菌、ウィルスから身を守ります。
人間には作れない自然の健康食品です。
効果としては、「抗菌、殺菌効果」「天然の抗生物質」「アミノ酸やフラノボイド、ミネラルなどの天然成分を含んで免疫力をあげる効果」などがあります。
抗菌や殺菌は、蜂蜜が作った成分の中に入っています。
蜂が様々な植物から採集するエキスと自らの唾液を混ぜ合わせて作ったプロポリスは、強い抗菌作用があります。

独自のフラボノイドなど、たくさんの天然成分を作ります。
そして、細菌すら抵抗をつけない「天然の抗生物質」になっているからでしょう。
またプロポリスは、20~30種類のフラボノイドを含んでいます。
フラボノイドを吸収することで、ビタミンPを作り、ビタミンCを活性化させ、補うことができます。
効果は全く違いますがそれぞれ自然が作った健康補助食品です。

Main Menu

商品のレビューと解説

おすすめアイテム一覧

その他のコンテンツ