プロポリスの選び方 ~効果から副作用まで教えます!~

プロポリスの効果・効能や副作用について解説しています。

メインイメージ
画像

父の癌とプロポリスの飲用

2013年の7月に父が癌の宣告を受けました。
父が受けた癌の病名は肺癌でした。
病気はステージ3Bで手術や放射線による治療が出来ないと言われました。
タバコを吸ったことすらない父が肺が癌になるとは、家族も本人も夢にも思わず、ただ、昨年の終わりごろから父が階段を数段上るだけで息切れをしていたので、私が病院での検査を促すと、父は病院嫌いで行こうとはしませんでした。
元々丈夫であった父は、70を過ぎるまで病院に行ったことすらないくらいで、歯も丈夫で歯科にも通ったことのないぐらいでした。
70歳を過ぎた頃から年齢には勝てず、風邪や胃腸の不具合で病院に掛かることがしばしば出てきました。
近くに、私の幼馴染の友人がクリニックを開業することになり、それを期に定期的な検査をしてもらうことにしました。
そして、今回の肺癌を発見することとなりました。
最初は血液検査により腫瘍マーカーが高いので連携の大学病院を紹介すると言われてそちらで検査後に確定診断を受けることとなりました。
昨年末に調子が悪いと言った時に寒いから検査は嫌だと拒み、暖かくなってからでいいですと、自ら言ったため、友人医師も本人がそう言うのであればと見送りました。
6月終わりころになって表情を見て、検査を拒む父を押し切って血液による検査をすると、腫瘍マーカーが以上に高いので大学病院で検査を受けるようにと言われました。
大学病院の検査後の確定診断で癌であるということと、ステージ3Bという説明を聞くと、父は頭が真っ白になり何も考えることが出来なくなり肩を落としました。
治療手段は化学療法のみで、その後の副作用や余命のことを考えると不安が募りました。
父は友人で肺癌を克服したという人に、電話をしていました。
その人は、治療と共にプロポリスの飲用を併用していたと言っていて、父もそれで効果があるのであればと、友人に聞き、自身も飲用してみることにしました。
医師にはそのことを言わずにプロポリスの飲用をしました。
プロポリスも色々で、ものすごく高いものもあれば、安価なものもあり購入に迷いました。
薬と併用して飲用しました。
現在腫瘍は小さくなり、体力が付きました。
正直、私は治療効果は医師の判断と薬の効果であると考えていますが、父が納得するのであればプロポリスを続けさせようと思っています。

Main Menu

商品のレビューと解説

おすすめアイテム一覧

その他のコンテンツ